スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民さんでの展示会終了

宮崎県日向市美々津にあるお店・民(みん)さんでの展示会終了の日でした。商品をお買い上げの皆様ありがとうございました。期間中なかなか行けず、残念でしたが・・・。

工房のある清武からは国道10号線をひたすら北へ向かうこと約2時間です。ちょっとした旅行気分です。

昔ながらの古民家が並ぶ美々津軒のなかにあり、風情があります(下写真)。

お茶などもできるので、ドライブがてらのぞいてみても楽しいですよ~。


DSC01193_convert_20090430230219.jpg
スポンサーサイト

アナログ的なものづくり

 連休が始まった。今日は「昭和の日」ということで、ラジオからは懐かしい曲が流れていた。

午前・午後と教室があった。生徒さんの一人が、簡単に”作ってくれ”って頼まれるけど、どれだけ手間暇かけて作ってるか知らないんだよね~(一つのものを作るのに大変なエネルギーをつぎ込んでいるという意味合いでいわれた)と。

今の時代、なんでもオートメーションでポンポンと簡単にできると思っているところがあるねという話になった。

子供も、”もの”を作る機会もなく、その親でさえ丁寧に・じっくり何かを作らせるとか、そんな余裕さえなければ、”もの”を見る目も養われないだろう。
なぜその価格なのか、そのものがどのようにしてここに出来上がり、どういうものなのかというその存在自体をもう少し深く考えてもいいのではないか。

親子の関係もそこから見えたりする。
しっかりと親子がつながって、いい関係をもっているなと思うと、ものを見る目は受け継がれているようだ。

ものづくり特に手作りなると、非常にアナログ的な仕事に感性を見いだせるかどうかでしょうか。

違っているからいい、この手跡が魅力的なんだといえる深い感性の持ち主が、増えてほしいと思う。

安土桃山・千利休の時代などゆがみや、不均衡さに「わび・さび」を見出していたんだし。

古田織部の織部焼も機会があったらぜひ本屋でも見てほしい。

昭和のアナログ時代をあまり知らない、平成生まれの人たちもいろんなものを作ったり、感性を磨いてみてはどうでしょうか。








あくまき

 ものすごく、ひさーしぶりに”あくまき”をごちそうになりました。

おそらく南九州独特の食べ物ではないでしょうか。不思議な食べ物だな~と思います。

もち米を竹の皮にくるんで、木の灰のあく汁でボイルする?んじゃなかったかな。
なぜゆえそういう調理方法に至ったのか、考え付いたのか?
常温でかなり日持ちがするのでありがたい食べ物ではあるんですが・・・。 

昔、食べたことがないという福岡出身の友達に、きな粉だけをかけて食べさせたら(わざとじゃないんだけど、キャンプ場かどこかで、砂糖が手に入らなかったからだったかな)二度と食べるもんかみたいな顔をされたのを思い出します。(笑:そのままでは苦い食べ物です)

 今日は和三盆をだしていただいて、きな粉と混ぜて、苦みがちょうど程よく、ごちそうさまでした。







コケ植物の関係

  宮崎に南九州大学という大学があります。今年より、都城市に移転しましたが、その理事長(学長)に長谷川先生が就任されていました。

その昔、長谷川先生が京都大学にいらしたころ、研究室を訪問させていただき、同時に確か鞍馬山付近だったと思いますが、植物観察に同行させていただきました。

その時分、私はサントリーの中央研究所(大阪と京都の県境にあります)でお世話になっていたので、勉強の一環で生態・分類調査も兼ねて、案内と、植物についていろいろと教えていたただいたのを懐かしく思います。なんせ昔のことなので、先生は覚えていらっしゃるかどうかは?ですが・・・。
なぜか、山を下りて一緒に夕食をいただいた時の、ビールのおいしかったことは、鮮明におぼえてます。   スミマセン(笑)・・・・。

コケ植物を専門としていたんですが、またまた、縁のある話がありまして・・・

宮崎の日南に、コケ植物の分類の分野では非常に有名な、服部コケ研究所があります。その地域にあたる、北郷の猪八重渓谷などは南九州特有の貴重なコケ植物の植物種が存在するところです。

服部研究所にも何回か遊びに行かせていただきました。有名な水谷先生もいらっしゃいます。

何年か前、うちの工房に陶芸を習いたいといらっしゃった方がいて、関東から清武に引っ越してこられたとかで、教室に通われるようになったのですが、よくよくお話ししているうちに、服部研究所の娘さんということで、またびっくりでした。
このかたも植物に精通しており、展示会でもお世話になったりしました。

日南では苔の観察会が行われているようですが、あんな小さな植物の中にも宇宙的な世界があって、魅力はつきないと思います。

宮崎にも魅力ある人・場所、たくさんありますね~。





タジン鍋で蒸し料理

 先日、日頃から大変お世話になっている先輩方々と鍋をしました。

お酒を飲めなかったのが残念ですが、タジン鍋を使って今話題の蒸し料理をいただきました~。

秋に予定中のイベントでは、野菜の収穫とあわせて一緒に、楽しんでもらう予定です。

とても手軽にできて(洗った野菜を並べて、弱火で20~30分待つだけです)、めちゃくちゃうまいですよ。



DSC01155_convert_20090424234725.jpg
工房で制作しているタジン鍋。

ものづくり

ものづくりをする上で大切にしていることは、精神の状態である。

つまり心をどういう状態に保っているかが問題だ。できればいつも平穏で豊かな気持ちでいることが、一番だけど、そう簡単にはいかないなあ~。

やはり癒し系の動物・生き物^-^ はそばにいてほしいけれど、これがまたそっちと遊ぶことに夢中になったりして・・・・・

一番いいのは、好きな音楽を聴いて、集中しながら作っていくことが、精神的に一番落ち着いている。

「本当にいいものをつくっていきたいという決心がなければ、惰性でものは作れないな」と、つくっていくうちにだんだんわかってくる。何かを貫いて、行動してきた人の言葉には、たった一言でも伝わってくるものが大きいし、なんともいえない重みがあるのは、そういう裏付けがあるからだろうとわかってきたりする。

自分の仕事が、誰かの役に立っているのか、喜んでいただいているのか???

ねむかった~

 今日はクラフトデザインのH先生から、商品開発についての貴重なアドバイスをいただいた。
どんな世界も、こんな人になりたいとか、こんな風な考えをもちたいとか、目標や、目指したい人がいるということは、とても幸せなことだと思う。おそらくいつもそういう人を探しているところもあるけれど、そんな人に巡り合うたび、心がとてもヨロコンデいて、今日もまたワクワクした1日だった。
静かだけど、根底にとても優しいものが流れているような・・・共通してそんな感じです。

高速道路

 今日は福岡の有名窯元さんが工房にいらっしゃった。いろいろなありがたいお話を聞くことができた。
明日は大分方面へ行かれるということであったが、「高速道路がないからね~」と・・・。あと10年後にもできているのだろうか??


DSC01152_convert_20090420225057.jpg

付近を流れる清武川。 よく釣りをして遊んだ。夏にはカヌーもみられるョ

何かの予兆?

  ここ最近、頭が痛かった。居心地に関係しているのかわからないが、場所が変わり、ずいぶん楽になった。
それと同時期に、言葉で表現するなら”魂”というか、肉体を離れたところで共鳴する波動みたいなもの(言葉にするとなかなか表現しにく~い感情です。うまくいえません)を強く感じた。
とても不思議な感覚だったけど、心地よい、どちらかといえば、何か良いことがおきそうな感覚である。

そういえば夢でもここ2,3日はなんとなくうれしい夢である。
これから、きっといいことが起こるでしょう~

また、波の音を聞きに海へ行こう! 心を満たして制作に向かいたい。

地震

 夕方、地震があった。震度4だった。自然に対して、人間は無力だ~(ちょっとビビった)。

明後日から福岡で仕事ですが、どんな人に会えるか、どんな話ができるか非常に楽しみです。

国立博物館にも立ち寄ってみたいです~。

        DSC00749_convert_20090405232456.jpg

ビーチグラスランプ

プロフィール

ginnami

Author:ginnami
宮崎県清武町にある手づくり陶器・ランプなどを制作している”工房銀の波”のブログ。築70~80年の小さい古民家を修理し店舗としている。ギャラリーとして企画展や雑貨・クラフト商品も販売。各種講座も開催。

FC2カウンター

フリーエリア

QRコード

QRコード

最新トラックバック

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。